乳酸菌が注目されている理由は?美容と健康に必須の栄養素!

乳酸菌が人気ですが、乳酸菌ってどんな成分か知っていますか?ビフィズス菌とどう違うの?と思う人もいますよね。おなかの中は見えないので、菌があるとか善玉悪玉とか聞いても実感がわかないと思います。まあ、ヨーグルトは乳酸菌でビフィズス菌は腸内にいる菌という程度の区別しかないかもしれませんね。そこで、今回は、乳酸菌の秘めた力を解き明かしていきましょう!

 

腸内には菌がいっぱい?!

 

 

想像したくもないとは思いますが、私たちの体には菌がたくさん住んでいるんです。ニキビを引き起こすアクネ菌は顔に住んでいますし、ほかにも数え切れないほどの菌がいて、その中に腸の善玉菌のように体を守るはたらきのある菌もあるんです。でも、腸の悪玉菌は、便秘や病気の原因にもなってしまうのに、完全に取り除くことができません。それに、この科学の発達した時代でもまだ知られていない菌もあるそうですよ。菌にも生態バランスがあるのですが、生活習慣の乱れ、加齢、活性酸素、脂質の多い食事などによってバランスが崩れ、病気につながってしまうのです。

 

腸内で役立つ善玉菌の代表ビフィズス菌

 

ビフィズス菌は善玉菌で、生まれつき人の腸内にあるのですが、離乳食が始まると徐々に減っていきます。大人になると体に必要な量が保たれるものなのですが、年齢が上がると悪玉菌が増えて病気を引き起こすのです。このようにビフィズス菌はもともと腸内にありますが、乳酸菌は、牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品から摂取しなくてはなりません。

 

体を作ったり動かしたりするためのエネルギーを生み出すためには、糖質を分解して乳酸を作る必要があります。そのためには乳酸菌が必要!乳酸によって酢酸が作られ、体が弱酸性になるというはたらきもあります。簡単に言うと、悪玉菌を減らすためには乳酸菌が欠かせないというわけですね。

 

乳酸菌は死んでも役立つ菌?!

 

 

乳酸菌はスーパーヒーロー!って信じられますか?乳酸菌は、胃液や胆汁で溶けて死んでしまうので、腸に役立たないという説もあります。たしかに、腸の奥に届くまでに死んでしまう乳酸菌もあります。でも、ヨーグルトに使われる乳酸菌などは、発酵して、消化吸収の高い乳酸菌に変化するので、死んだと言っても役に立つんですよ。生きたままの乳酸菌、死んでしまう乳酸菌、どちらも腸内で大切なはたらきをしてくれます。だから、ヨーグルトや牛乳は役に立たないと諦めずに、乳酸菌を積極的に摂ることが大切なんですね。

 

腸をお城にたとえると、乳酸菌は足軽のようなもの。自分のお殿様のために一生懸命働き、死んでもお殿様を守るために悪玉菌と戦う、というイメージです。乳酸菌は、自分たちの勢力拡大をねらって、ビフィズス菌という善玉菌を助ける命がけのヒーローとも言えますね!

 

乳酸菌は、生きて腸に届けば善玉菌のエサとなって腸内環境を改善し、死んでしまった乳酸菌は食物繊維と同様に腸内の掃除をしてくれます。乳酸菌はどう転んでも腸に良いはたらきをするんです。毎日乳酸菌を摂れば、腸内フローラもお花畑になりますよ♪いつもキレイなおなかをキープするには、乳酸菌を摂るのが効果的。便秘改善やダイエットなど、健康効果を実感しましょう!

 

 

更新履歴