知らないとちょっと恥ずかしいビフィズス菌と乳酸菌の違い

「乳酸菌が注目されている理由は?美容と健康に必須の栄養素!」でも触れましたが、ビフィズス菌は善玉菌の1つということで、乳酸菌と混同している人が多いようです。でも、ビフィズス菌と乳酸菌は違うんです。だから、性質も効果も違っています。そこで、今回は、この2つの菌の違いをとことん分析しましょう!

 

 

ビフィズス菌と乳酸菌のはたらきは似ている?!

 

乳酸菌とビフィズス菌は、どちらも善玉菌。なので、おなかにはとってもありがたい存在です。ヨーグルトや乳製品に入っていて、整腸作用もあります。でも、生物学的には違う菌なので、事情は複雑です。

 

ビフィズス菌とは?

 

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸を作り出すはたらきがあります。善玉菌のほとんどはビフィズス菌が占めていて、変わった形をしているのが名前の由来になっているんです。顕微鏡で菌を見ると、YやVの形をしているんですって。それで、ラテン語で「分岐」をあらわす言葉からビフィズスと名付けられたそうですよ♪

 

腸内で糖質を分解し乳酸を作る点では乳酸菌と似ていますが、殺菌効果が高い酢酸、ビタミンB、葉酸なども作り出すので、厳密に言うと「乳酸菌」とは言えないんだそうです。乳酸菌の定義というのがあって、それは、糖を分解して作られる代謝物の半分以上が乳酸でないといけません。ビフィズス菌は酢酸もたくさん作り出すので、善玉菌だけど乳酸菌ではないということですね。それに、ビフィズス菌は酸素が嫌いなので、大腸の活性酸素を掃除して腸内をきれいにしてくれるんですよ!

 

乳酸菌とは?

 

ビフィズス菌はもともと体の中にある善玉菌ですから、減らさないように注意して、サプリメントや食事から摂り込む努力をしましょう。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出し、腸内を酸性にキープします。乳酸菌は、ビフィズス菌のはたらきを助け、ビフィズス菌が増えて悪玉菌を退治できる環境を作ります。

 

乳酸菌はもともと体の中にある菌ですが、食事でおもに摂取されます。乳製品などから体に摂り込まれ、ビフィズス菌のエサとなり、ビフィズス菌が増えるのをサポートします。ビフィズス菌が減っては困りますし、乳酸菌も必要なので、乳製品や発酵食品から乳酸菌を摂り入れ、サプリメントやヨーグルトも活用していろいろな方面から摂り込むようにするのがポイントですね!

 

ヨーグルトは、おもに乳酸菌で発酵しています。ビフィズス菌が加えられたヨーグルトだったら最強ですね。乳酸菌とビフィズス菌が両方配合されたサプリメントもあります。乳酸菌は、酸素があっても生きていける性質なので体の中のあちこちに住むことができます。一方、ビフィズス菌は大腸でしか生きていけません。同じ善玉菌なのに、性質はいろいろ違うところがあるんですね。

 

腸内環境を良くするのに、ビフィズス菌と乳酸菌とどっちが必要?と言われたりしますが、こうしてみると、どちらも必要ですね。毎日の食生活でどちらもバランスよく摂り入れていくことが、腸の健康のためには大切!ヨーグルトやサプリメントで、上手に腸内環境を整えましょう!