体に良いからって乳酸菌の摂り過ぎは禁物!

乳酸菌は体に良いもの、と思われていますよね。たしかに、整腸作用、免疫力アップなど、いろいろな良い効果があります。便秘改善のために乳酸菌を摂っている人もいるでしょう。でも、良いからと言って摂りすぎていませんか?体に必要な菌ですが、摂りすぎると問題もあるんです。

 

 

乳酸菌を多く摂るとどうなるの?

 

乳酸菌は体の中にある善玉菌の1つです。乳酸菌は体の中で、ほかの善玉菌と一緒に、悪玉菌と戦い、ほかの善玉菌のエサとなってサポートすることもあります。役に立つ菌ですが、酸に弱く、胃酸や肝臓で分解されてしまい、腸にたどり着いてしっかりはたらける乳酸菌はわずかなんですよ。

 

でも、腸にたどり着いた強い乳酸菌、死んでも役に立つ乳酸菌のはたらきで、腸内環境は改善されます。しっかり効果を出すためには、やはりたくさんの乳酸菌が必要になるのは当然ですね。ところが、摂りすぎると、善玉菌として定着せずに、そのまま排出されてしまうこともあるのです。

 

摂り過ぎは腸に大きな負担!

 

腸はデリケートな器官です。精神的なストレスを受けるとおなかに影響が出る人も多いですよね。食事から乳酸菌を摂ろうと思って乳製品を摂り過ぎると、脂質を過剰に摂り込んでしまいます。腸内をきれいにするはずが太ってしまう原因になっては困りますよね。乳酸菌を摂るには、乳製品だけに頼らず、味噌や納豆などの発酵食品、サプリメントを活用すると脂肪分の摂り過ぎにならずに済みますよ♪

 

乳酸菌が下痢を引き起こす?!

 

乳酸菌を摂り過ぎたら下痢になった!という話も聞きますが、これは、乳酸菌のはたらきで乳酸や酢酸が過剰に生成されてしまい、大腸のはたらきが活発になりすぎるためにおなかの調子が悪くなるんです。また、いつも通りに摂っているつもりでも、胃腸のはたらきが低下していると、糖質や脂質の分解がいつも通りにできずに、乳酸菌の別の効果で下痢を引き起こしやすくなるのです。

 

乳酸菌の適量は?

 

乳酸菌は、じつはかしこい菌なんです。だから、必要がな間は腸にとどまり、多いとなれば排出されます。だから、1日にどのくらい摂ればよいというきまりはないんですね。ただ、乳酸菌を摂る時に、乳製品のような脂質の多い食品を摂ることが多いので、その摂り過ぎのほうが心配です。ヨーグルトや牛乳を摂り過ぎれば、おなかがゆるくなりますよね。乳酸菌を摂る時は、良質のものを適量だけ摂るようにしましょう。それでも十分に悪玉菌を退治する効果があるので、乳製品が多くなりそうだったらサプリメントにするなど、調節しましょう。

 

肥満になっては元も子もないので、脂質を控えた食事を心がけましょう。調整が難しいと思ったら、無理しないでサプリメントを活用するのもおすすめです。ヨーグルトも砂糖が入っていないもの、ビフィズス菌がプラスされているものなど、いろいろ出ているので、あれこれ選んでみて下さい。脂質、糖質、塩分の摂り過ぎには注意しましょう!

 

乳酸菌は、摂り過ぎが悪いというよりも、どのように摂り込むかが大切なんですね。体にうまくはたらくように、摂り方にも気を配りましょう!